風水師になるには?

| コメント(0) | トラックバック(0)

風水とはもともと古代中国の思想で、
都市、住居建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために
用いられた気の流れを物の位置で制御する思想です。

かし、現在、日本で使われているのは
その理論のみが陰陽道や家相として取り入れられ、
独自の発展を遂げたもので、多くは風水そのものではなく、
家相術や九星気学のアレンジです。

風水師は、占うに当たり、
相談者の年齢、生年月日、住む住居、住む家、家族構成など、
相談者の一人一人違う状況に合わせて占わなければなりません。

また占った結果で、相談者の抱く悩みや問題に対し、
解決方法や対応策を導く必要があります。

そのため、風水師になるには、深い風水の知識がなければなりません。

勉強方法としては、専門の学校や通信教育などで
風水の知識や技術を身につけたり、
占い師などの先生に弟子入りして修行をさせてもらうというのがあります。

通信教育などでは、陰陽五行の成り立ち、
東洋学の哲理などから始まり、十干、十二支、八卦の意味など、
陽宅、気学の知識を身につけることが出来ます。

また、信頼のおける風水師に弟子入りすれば、
実践的な占いを間近で見て勉強することが出来ますし、
何より、そこでの勉強は風水師としての経験をつむ修行にも繋がります。

決して安いものではありませんが、必要ならばキャッシング即日できる時代ですので、
興味があるのなら将来への投資として考えてみるのもいいかもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hudsonperinatal.org/mt-tb.cgi/4

コメントする