風水とは?

| コメント(0) | トラックバック(0)

育児、嫁姑関係、生活費、住宅のローンなどなど、
主婦の不安は挙げればキリがありません。

パートナーや環境に恵まれ、どうにか頑張れる人もいますが、
やはり自分1人では抱えきれなくなってしまい第三者に頼ってしまう人もいます。

そんな人が頼りがちになるのが、風水だと言われています。

風水とは、「風」と「水」が我々に与える様々な影響をとらえ、
その力を最大限生かしていこうとする、
中国の「漢」の時代から伝わる環境学です。

風水の起源はというと、紀元前の黄河文明時代にまでさかのぼります。
その昔、人々が生き延びていく為には、
食料の確保として稲作の成長が欠かせませんでした。
稲作の成長には、作物が育つ健康な土地と新鮮な水が必要不可欠でした。

また、育った稲が風の影響を受けてダメになってしまうこともあり、
強い風の影響を受けない場所(土地)であることも重要でした。

どうしたら豊富な稲を作ることが出来るか、それを手助けする為の方法として、
「風」と「水」が生活に及ぼす様々な影響を見極め、
それを生かしていくこと、それが風水の始まりです。

東洋医学では、
人間の体には経路と呼ばれる「気の通り道」があると考えられています。
この経路にあるツボを刺激して滞っている気の流れを改善するものとして
良く知られているのが、気候や針灸です。

また、地球にも龍脈と呼ばれる「気の通り道」、
そして龍穴という「ツボ」があると言われています。

風水とは、その土地がどのような気を受けているのか調べ、
その気の流れをより良いものに変えていこうとする技術なのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hudsonperinatal.org/mt-tb.cgi/2

コメントする