風水師の選び方

| コメント(0) | トラックバック(0)

風水をして貰うために一番何が重要かと言いますと風水師の選び方にあります。
しっかりと風水をして貰っても良い風水師や相性が悪ければ
全く意味がありませんので、自分に合った人を選ぶ必要があるのです。

まず風水師を選ぶ時に正しい判断ができる人かを疑う必要があります。
一般的には口コミや評価での選び方になると思いますが、
あまり多くの口コミがあるものではなく、
結果が当たった方の評判が多く聞かれますので、
自分で聞いて判断するしかありません。

どのようなことを聞けば良いかと言いますと、
どの流派でどんな形で実践しているのかをまず聞いてみてください。
しっかりと勉強している人であればスラスラと言えることであり、
生年月日の計算や方位測定の仕方も同様になります。

もう一つ大事になってくるのが風水グッズの販売があるかどうかです。
風水をしている人の中にはグッズを販売目的としている人も多く、
悪い結果に対してグッズを買わないといけないと教える方がそうで、
そのためだけに風水というものを道具にしているのです。

ですから、無理な販売がないかどうかの確認も必要になってくるでしょう。

このようなことに明確に答えられない風水師はあまりオススメできません。
信頼できる風水師の選び方はしっかりとした知識と経験を持っている方になります。

風水とは異なりますが、巫女系陰陽師が書いてくれる護符というものがあります。
効果があるかはわかりませんが、護符を購入した人が
効果を実体験したと話が記載されているサイトを発見しました。
これは風水と同様に護符も良いのでは?と最近考えています。

中国が発祥の風水の歴史は古く、
場所や位置を気の流れと関連づけてとらえ、
運気をよい方に導くことでビジネスや
個人の将来にプラスにする占いで五行説をベースにしています。

環境を整える事に重点をおく風水にはいくつか流派があり、
特定のインテリアを置いたり、間取りを調整することで
さらに幸運を呼び込むことができるため、日本でもポピュラーになりました。

本格的に風水を前提とするためには専門の鑑定が必要です。
人気の集まる有名風水師には予約が集中しますが、
鑑定料についてはばらつきがあり事前に見積もりも可能です。

建物自体の場所や席の配置、
色や観葉植物などすべてが風水に関わるため、
該当する場所に出張する鑑定が一番確実ですが、
交通費と拘束時間中代金がかかるため
有名風水師の場合料金がかさむことがありますが、
ビジネスの結果に影響すると考えられているため、
妥当かどうかは顧客側での判断になります。

いくら風水が好きでもこれにお金を使いすぎず、
キャッシングなどは利用しないように心掛けましょう。
ですが万が一必要になった場合、
専業主婦でも借り入れすることができる銀行カードローンがおすすめです。
ちなみに各業者では内緒でお金を借りる所もあるそうです。

フロアの面積や従業員数など条件によって鑑定料が変わる場合もあります。
間取りを持参すればオフィス内でアドバイスを受けることもできます。

またについてはさらに運気を強化するために使用される
改善アイテムの購入には別途費用がかかることがほとんどです。

風水とはもともと古代中国の思想で、
都市、住居建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために
用いられた気の流れを物の位置で制御する思想です。

かし、現在、日本で使われているのは
その理論のみが陰陽道や家相として取り入れられ、
独自の発展を遂げたもので、多くは風水そのものではなく、
家相術や九星気学のアレンジです。

風水師は、占うに当たり、
相談者の年齢、生年月日、住む住居、住む家、家族構成など、
相談者の一人一人違う状況に合わせて占わなければなりません。

また占った結果で、相談者の抱く悩みや問題に対し、
解決方法や対応策を導く必要があります。

そのため、風水師になるには、深い風水の知識がなければなりません。

勉強方法としては、専門の学校や通信教育などで
風水の知識や技術を身につけたり、
占い師などの先生に弟子入りして修行をさせてもらうというのがあります。

通信教育などでは、陰陽五行の成り立ち、
東洋学の哲理などから始まり、十干、十二支、八卦の意味など、
陽宅、気学の知識を身につけることが出来ます。

また、信頼のおける風水師に弟子入りすれば、
実践的な占いを間近で見て勉強することが出来ますし、
何より、そこでの勉強は風水師としての経験をつむ修行にも繋がります。

決して安いものではありませんが、必要ならばキャッシング即日できる時代ですので、
興味があるのなら将来への投資として考えてみるのもいいかもしれません。

風水の起源は紀元前の黄河文明時代といわれています。

その時代の稲作民族が強い風を受けて
作物が倒されない土地と水の確保が重要とされ、
そのような場所を探すための知恵が風水になりました。

作物が育つという保証はなく、
作物が育たなければ飢え死にするかもしれない時代であれば
風水は将来への不安を和らげるのに必要であったといえます。

現在の風水に凝る人は黄河文明時代に似ていて、
将来への不安を和らげたい、もしくは将来が幸福でありたいという
願望がある人がなりやすい特徴があります。

風水の魅力はただの言い伝えではなく、
古来の人々が太陽や月の動き、天気や季節の移り変わり、
山々の隆起や河川の流れなど自然のあらゆるものを調べ、
東洋思想の基礎となりうる陰陽と五行という思想から成り立っていることです。

これらの陰陽と五行の思想から気の流れを読み取り、
気の流れが正しい方向に流れると、運気が上がり、
気の流れに障害があると運気が下がるといわれます。

このように風水の法則に則っとれば、
時代とともに変化することができるので、
時代遅れにならない特徴があります。

理論的に物事を考え、自分なりのアイデアを出すのが
好きな人は風水に凝りやすい適性をもっているといえます。

ただハマりすぎてお金を使いすぎてしまわないように注意しましょう。
万が一趣味が発展してしまいお金が必要になった場合、
理由が理由なので誰にもバレズにお金借りたいと思うと思います。
そういう時にこのサイトは非常に役に立つと思います。

風水とは?

| コメント(0) | トラックバック(0)

育児、嫁姑関係、生活費、住宅のローンなどなど、
主婦の不安は挙げればキリがありません。

パートナーや環境に恵まれ、どうにか頑張れる人もいますが、
やはり自分1人では抱えきれなくなってしまい第三者に頼ってしまう人もいます。

そんな人が頼りがちになるのが、風水だと言われています。

風水とは、「風」と「水」が我々に与える様々な影響をとらえ、
その力を最大限生かしていこうとする、
中国の「漢」の時代から伝わる環境学です。

風水の起源はというと、紀元前の黄河文明時代にまでさかのぼります。
その昔、人々が生き延びていく為には、
食料の確保として稲作の成長が欠かせませんでした。
稲作の成長には、作物が育つ健康な土地と新鮮な水が必要不可欠でした。

また、育った稲が風の影響を受けてダメになってしまうこともあり、
強い風の影響を受けない場所(土地)であることも重要でした。

どうしたら豊富な稲を作ることが出来るか、それを手助けする為の方法として、
「風」と「水」が生活に及ぼす様々な影響を見極め、
それを生かしていくこと、それが風水の始まりです。

東洋医学では、
人間の体には経路と呼ばれる「気の通り道」があると考えられています。
この経路にあるツボを刺激して滞っている気の流れを改善するものとして
良く知られているのが、気候や針灸です。

また、地球にも龍脈と呼ばれる「気の通り道」、
そして龍穴という「ツボ」があると言われています。

風水とは、その土地がどのような気を受けているのか調べ、
その気の流れをより良いものに変えていこうとする技術なのです。